選挙公営制度(選挙公費負担制度)の概要


選挙公営制度とは?

ballot box casting vote election

公職選挙法では、お金のかからない選挙を実現するとともに、立候補の機会均等や候補者間の選挙運動の機会均等を図る手段として選挙公営制度が設けられています。

国または地方公共団体が候補者の選挙運動の費用の一部を負担する制度です。衆議院議員選挙や参議院議員選挙は公職選挙法に基づく制度であり、知事・市町村長選挙や県・市町村議会議員選挙は各地方公共団体の条例に基づく制度です。

立替払い不要

自己負担ゼロ選挙の種類により、公営にできるものが公職選挙法で限定されています。選挙費用の公費負担制度では、選挙管理委員会から業者に直接費用が支払われるため、候補者が立て替え払いをする必要はありません

 

 

 

手続きできるのは行政書士だけ

選挙公営制度の手続きを代理できるのは、行政書士のみです。選挙公費負担手続きは弊所へ御依頼下さい。

コメントは受け付けていません。